2018年09月10日

日本外来小児科学会年次集会に参加してきました(09/10)

今月より「くやま小児科だより」(ブログ版)として、不定期になりますがお届けします。
※「院長コラム」とお知らせしていましたが、「小児科だより」の名称で続けていきます。

<くやま小児科だよりNo223/2018/09>

2018年8月25日、東京国際フォーラムで「第28回日本外来小児科学会年次集会」が開かれました。
毎年夏に、外来小児科にかかわる医療関係者が職種をこえて集まる大きな集会です。
年次集会公式サイト
https://web.apollon.nta.co.jp/sagpj28/

当院は過去13回、職員研修を兼ねて参加を重ねています。
医師以外の多職種のための講演も多数あり、スタッフ共々日頃の業務の確認をしたり、改善点を考える機会になりました。

最近の小児科外来ではどんなことが話題になっているのかな?
ちょっと興味がわきませんか?

抄録集やスタッフのレポートから、一部内容をまとめてみました。

<小児歯科から学ぼう〜離乳食から睡眠時無呼吸症候群まで>
最近は口唇や口腔周囲筋の発達が未熟な子どもが多くなっているそうです。
その判定としては、
口呼吸、お口ぽか〜ん、ブクブクうがい・ガラガラうがいがうまくできない、食べ方が変、風船をふくらませない、口笛ができない、など。

これは丸呑みや構音障害、噛み合わせの異常、口呼吸などにも関連し、生涯の健康に影響を及ぼします。
適切な時期に正常な口腔機能を獲得することが大切で、離乳食も「この月齢だからこの固さ」でなく、お子さんの発育に合わせて、口唇が使えているか、噛んで飲み込めているかを確認しながら進めていってほしいとのことでした。

<思春期:ネット・スマホ依存>
立ち見が出るほどの関心の高さでした。
当院でもご相談を受けて紹介をさせていただく、国立病院機構久里浜医療センターの医師による講演。
重症では、生活や学校などの日常活動より何よりゲームが優先し、昼夜逆転、ひきこもり、親への暴力、家族のお金を盗んだりカードを無断で使用する、退学や退職に至るなどの大きな問題に発展してしまいます。
精神障害との合併も多く見られます。

治療は外来カウンセリング、デイケア、キャンプ、入院治療など。

治療の基本的な考え方として、
医師は親の代弁者にはならない。
本人のネット使用を外からコントロールしようとしても困難である。
本人が自分の意志で行動を変えていくように援助する。
ネットとうまく付き合う方法を一緒に考える。
認知行動療法を用いる。
ゲームのアカウントを本人自身の手で消去できたら、卒業となる。

などを挙げられていました。

家族のためのプログラムもあり、診察予約待機中も誰でも参加できるそうです。

その他、
・インフルエンザ脳症〜最近の知見より
・軽度外傷の初期診療
・川崎病の新しい話題
・接種率をどう上げるか? 日本の任意接種ワクチン
・子どものくつ
・日本の医療の進む道〜沈みゆく大国アメリカ

など、新しい知見や考え方を知るよい機会となりました。

研修のため、1日休診をいただきました。
ご協力ありがとうございました。
posted by kuyama at 09:05| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

院長の救急当直予定

◆院長の救急当直予定

【印旛市郡小児初期急病診療所】
 043-485-3355(佐倉市健康管理センター内)
 月〜土:夜7時〜翌朝5時45分
 日・祝:朝9時〜夕4時45分、夜7時〜翌朝5時45分

■10月02日(火) 夜7時〜翌朝5時45分
 10月27日(火) 夜7時〜深夜0時

■11月06日(火) 夜7時〜翌朝5時45分
 11月24日(火) 夜7時〜深夜0時

■12月04日(火) 夜7時〜翌朝5時45分
 12月22日(火) 夜7時〜深夜0時

【やちよ夜間小児急病センター】
 047-458-6090(東京女子医大八千代医療センター内)
 夜8時〜同11時(日祝は午後6時から)

■10月・・06日(土)

■11月・・03日(土祝)

■12月・・01日(土)

*千葉県小児救急電話相談*
 #8000
 毎日夜間 19時〜22時

 ダイヤル回線、携帯電話からおかけの場合
 043−242−9939

*夜間休日の判断に困った時の参考に*

kodomo-qq_03.gif


同内容のiphoneアプリ(無料)も出ています。
youtubeで紹介されています。
posted by kuyama at 10:40| 院長の当直予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする