2020年05月31日

「コロナ流行」と子どもの心<くやま小児科だよりNo238/2020/06>

「コロナ流行」と子どもの心    

「コロナ禍」と言われる中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
少しずつ社会が動き出していますが、まだまだ先は見えませんね。
園や学校に行き、お友だちに会い、外で遊ぶ、など今までの当たり前の生活が一変してしまったことは、子どもたちの心に少なからず影響を与えていることでしょう。
これから少しずつ集団生活も再開されますが、以前の日常が戻るには時間がかかると思われます。


<子どもや親は、どんなふうに感じている?>

国立成育医療研究センターでは、そんな親子にアンケートを行いました。
その結果からも、親と子のどちらにも大きな影響を与えていることがわかります。
コロナ×こどもアンケート 中間報告
コロナ×こどもアンケート こどもたちの生活とこころの様子(教育機関向け)

専門家は、「子どもの心の変化に気づいてあげて」「子も親も悩みを抱えこまないで」「誰かに伝えて」「自分に合ったお気に入りのストレス解消を見つけて」とアドバイスをしています。


<小児科外来では、こんなケースも>

●咳が止まらない、小学2年生男の子
3月初めから1ヶ月咳払いが止まらない、と来院。
普段好きだったスポーツができなくなって日常生活が乱れるようになり、元気も落ちてきているとのことでした。
呼吸状態は正常で、身体の問題はなく、喘息の持病もありません。
咳は親が注意すると増えますが、遊んでいるときや就寝時はなく、「咳チック」と診断しました。

●腹痛と頭痛が2週間続く、小学4年生の女の子
身体の以上は見つかりませんが、食欲がなく、表情も暗く、心理的な要因による症状と判断しました。

●急に乱暴になり弟を叩くようになった年少さん
問題行動が出ているお子さんもいます。


<子どもの心の問題は、身体に現れることも>

身体の症状を訴えますが、診察や検査ではそれに見合った所見がありません。
思春期以降は大人と同じように、うつ病などの心の症状で診断がつくことが多いですが、このように小学生くらいまでは身体の症状として表現されることが多いです。
専門的には「身体表現性障害」と言い、子どもは大人と違って身体と心が分かれていない(未分化)ことと、心の病気と自覚できないこと、が主な理由です。


<子どもの心にどう配慮したらいいでしょう?>

親自身も大変な状況ではありますが、子どもは「辛い」と自覚できない代わりに身体や行動に現れることを理解し、否定することなくまず受け入れてあげましょう。
その上で、

 ・話をじっと聴く。
 ・答えを出さなくても良い。
 ・できないことより、できる小さな一歩を探そう。

ご参考になればさいわいです。

今、みんなが様々な大変さや困りごとをかかえて、悩みながら暮らしていると思います。
気になることがあれば、どうぞご相談ください。
posted by kuyama at 14:12| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

新型コロナ流行期の受診について<くやま小児科だよりNo237/2020/05>

小児科に行ってもいいの?
〜新型コロナウィルス感染症流行期の受診について

4月末現在、緊急事態宣言も延長されようとしていて、ご不安やお疲れも出てきているのではないでしょうか。

医療機関の受診も、迷うところのひとつですね。
お知らせブログでもこの時期の子どもの受診についてご案内していますが、当院の感染予防対策や受診の際のお願いも含めて、詳しくお話したいと思います。


<この時期の小児科の受診の目安は?>

いつもお伝えしている、夜間休日でも受診するべき目安と同じです。
(ただし濃厚接触者や健康観察対象者である場合は、まず地域の帰国者・接触者相談センターへTELを)

 ・熱が4日以上続く。(生後6ヶ月未満は1日以上)
 ・呼吸が苦しい。
 ・長引く咳(2〜3週間以上)
 ・嘔吐を繰り返す、下痢に血が混じる。
 ・日常生活や睡眠が妨げられる。
 ・水分が摂取できない、尿量が減る。
 ・ぐったりする、顔色が悪い。

具合が悪い方は受診を我慢せず、来院してください。
コロナのことについ目が向きますが、川崎病や通常の肺炎と診断し入院していただいたケースもあります。
熱や咳のある方は、通用口側に車を止めていただき、適切な感染防護のもとで診察しますのでご安心ください。

感染症以外でも、保護者が必要と思われた場合、ご不安があるときは控えずに受診してくださいね。


<予防接種や健診は「不要不急」ではありません!>

予防接種は、その感染症にかかりやすい年齢になる前に接種しておくことが重要です。
学会や厚労省も、極端な制限によって予防できる他の重要な病気の危険性にさらされることを避ける必要があるとの見解を出しています。
これまで通り接種できる年齢(月齢)になったら速やかに
接種するようにしましょう。
健診も、月齢ごとに必要な発達のチェックや病気の発見という大切な役割があります。通常通り4ヶ月健診と10ヶ
月健診を受けてください。
なお当院では、専用の時間帯を設けて行っています。


<当院の対策>

受付やトイレに消毒液の設置
待合室:予約人数を分散させ、席数を減らし、十分な間隔をあける、隔離室の使用
換 気:全方向の窓を開けて換気
消 毒:待合室、診察室、トイレなどの適宜消毒

なお感染症以外の方を診察する場合も、医師や必要なスタッフは防護用具を身につけています。ご了承ください。


<皆さまへのお願い>

・不急の受診は避けてください。
・必要な受診は控えないでください。
・感染症(熱や強い咳、嘔吐、下痢)の方は、通常通り予約した上で、受診前にお電話ください。

・院内へは最小限の人数で
 患者さんと保護者1名でお願いします。(兄弟は止むを得ない場合だけ)

なお現状では混み合うことはありませんが、お急ぎでなければ、午後の時間帯の方がより空いています。

大変な日々ですが、お互いにがんばりましょう**
posted by kuyama at 15:51| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする