2018年12月17日

年末年始の病気で困ったときは <くやま小児科だよりNo226/2018/12>

はや今年も残りわずか、慌ただしい毎日をお過ごしのことと思います。
寒さが本格的になり、インフルエンザも出てきました。
年末年始はクリニックの多くは休診となりますので、お子さんの夜間休日の受診について、おさらいしておきましょう。

小児救急電話相談(#8000)

医療機関にすぐに受診させた方が良いか迷われたとき、ご相談ください。
専門の研修を受けた看護師、医師が対応します。

◎毎日 午後7時から翌午前6時まで

【電話番号】
プッシュ回線の固定電話・携帯電話からは、局番なしの#8000
ダイヤル回線、IP電話、光電話、銚子市からは 043(242)9939

◎重症の場合は迷わず「119」へ!

印旛市郡小児初期急病診療所
(休日・夜間・年末年始)
佐倉市江原台2-27 健康管理センター内
043-485-3355

◆生後6ヶ月未満は早めの対応を!
この月齢で発熱や嘔吐などがあるときは、早めに問い合わせや受診をしましょう。

こどもの救急(ONLINE-QQ)
気になる症状をクリックしていくと、受診の目安がわかります。
また、どう対応したらよいかや、症状別のお家でのケアの仕方がわかって便利ですよ。
(厚生労働省、日本小児科学会監修)

◆ホームケアを知って安心
当院のホームページでもご紹介しているので、参考になさってください。

*印刷版のくやま小児科だよりは2018年8月号をもって終了しました。
 今後は不定期に、ブログから情報発信いたします。


posted by kuyama at 08:57| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする