2019年06月24日

夏カゼがはやってきました <くやま小児科だよりNo232/2019/06>

保育園などで手足口病が目立ってきました。ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱なども出てきています。
これらは「夏カゼ」とも呼ばれる感染症で、コクサッキーウイルス、エンテロウイルス(手足口病、ヘルパンギーナ)、アデノウイルス(咽頭結膜熱)などが原因です。
夏カゼは、高熱が出ても期間は短く、軽くすむことが多いです。
典型的には、40度くらいの熱が1〜2日ですぐ下がり、咳や鼻汁がなく、手足や口や身体にぶつぶつができる、というものです。
感染しても症状が出ない(不顕性感染)ことや、熱だけ出る、などそれと気付きにくいパターンも多いです。
代表的な3つの感染症について、ご説明します。

<手足口病>
感染経路:飛沫感染、接触感染、経口感染
潜伏期間: 3〜5日
症状:手、足、口、おしりに水泡が出ます。
熱は出ることも出ないこともあり、咳や鼻汁や下痢もたいていありません。
発疹は一部だけ、身体全体と様々で、へルパンギーナやウィルス性発疹症と区別がつかないことがあります。

<ヘルパンギーナ>
感染経路:飛沫感染、接触感染、経口感染
潜伏期間:2〜4日
症状:突然の高熱が1〜3日続き、口内炎を作ります。咳や鼻汁や下痢はありません。
口内炎ができて初めて診断されますが、熱から1〜2日遅れることが多いので診断されないことも多いです。
後から手足口病に変わることもよくあります。

<咽頭結膜熱(プール熱)>
感染経路:飛沫感染、接触感染
潜伏期間:5〜7日
症状:発熱・咽頭炎・結膜炎を3主症状とし、リンパ節の腫れ、腹痛、下痢がみられることもあります。

<どんなことに気をつける?>
基本的には軽い病気で、特効薬もないので、症状に合わせたケアで回復を促します。
高熱であれば涼しくして、脱水に気をつけますが、口の中の痛みが強い時は、水分を取りにくいので気をつけます。
食事は、柔らかく、刺激の少ない味付けのものにしましょう。

<夏カゼに隔離は必要ですか?>
夏カゼは見つかりにくい(不顕性感染)、症状が消えても感染力はしばらく残るため、隔離しても感染を防げません。
したがって、ほとんどの園や学校では隔離されず、治癒証明書も必要ありません。
当院でも園からとくに指定されない場合は、元気になったら集団生活はかまわないとお伝えしています。
2歳くらいまでに誰でも感染を経験する病気ですから、お互い様と考えましょう。

★感染症と登園登校の届出については こちら
posted by kuyama at 14:00| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする