2019年10月24日

必ず使おう!チャイルドシート <くやま小児科だよりNo234/2019/10>

自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。(道路交通法第71条の3第3項)

チャイルドシートの使用は、法律で定められた義務です。

今年6月に警察庁と日本自動車連盟(JAF)が全国でチャイルドシートの調査を行い、その結果が公表されています。
10月12日の朝日新聞にも記事が出ていましたので、こちらも参考に内容をまとめてみました。

<義務付けられているのに、高い未使用率>

調査の結果、乗用車に乗っていた6歳未満の3割が、チャイルドシートを使っていなかったそうです。
1歳未満の乳児では12%でしたが、5歳では52%と、年齢が上がるほど、未使用率は高くなっていました。
年々、使用率は高くなっているということですが、大人のシートベルトと同様、法律で義務付けられているのですから、100%であってほしいものです。
大きくなると嫌がるから、というのは理由にはならないのです。
大人と同じように、また飛行機に乗る時と同じように、車ではチャイルドシートを使うのだと教えて、子どもの安全を守るべきでしょう。

<チャイルドシートを使用しない場合の致死率>

警察庁によると、チャイルドシート不使用者の致死率は、適正使用者の約13.4倍であったそうです。
そういう状況で我が子を亡くしたら、親御さんは後悔してもしきれないことでしょう。
防止できる方法があるのですから、自分だけは大丈夫と思わずに、使用していただきたいものです。
というか、これはおすすめではなく、法律で運転者に課せられた義務なのです。

<成長に合わせたシートを正しく>
せっかく使っていても、正しく座っていたのは乳児用で42.3%、幼児用では32.9%と、残念ながら半数以上に何らかの誤りがありました。

JAFのサイトに、「はじめてのチャイルドシートクイックガイド」という記事があり、動画などでわかりやすく解説されています。
子どもの成長に合わせていろいろなタイプのシートがあり、それぞれに装着のポイントがあるようです。
大きなポイントとしては、エアバッグで圧迫される恐れがあるので、シートは後部座席に取り付けた方がよく、それぞれのシートの説明書をよく読み、しっかりと座席に固定することが大切とのことです。

<チャイルドシートは何歳まで必要?>

JAFでは、小さな子が大人と同じシートベルトをすると、首やおなかなどに食い込む危険があるため、6歳を過ぎても、子どもが身長140センチ程度になるまでは、チャイルドシートの利用を勧めているそうです。

これから行楽によい季節、どうぞ安全運転で楽しまれてくださいね。
posted by kuyama at 09:03| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする