2020年09月07日

子どもの便秘 〜受診が必要なのはどんな時?<くやま小児科だよりNo241/2020/09>

子どもの便秘 〜受診が必要なのはどんな時?
小児の便秘は小児科外来ではよく見られ、お困りの親御さんが多くおられます。心配のないもの、何か病気が隠れているかもしれないものがあります。

●どのくらい出ないと便秘なの?
1週間に2回以下が便秘の目安ですが、個人差があり、回数だけでなく他の症状の有無も大切なポイントです。

●大部分は、身体の病気が隠れていない「機能性便秘」
一般的には、機嫌が良い、哺乳や食事が順調、便が硬くない、などの時は基本的に問題ないと考えてください。

●身体の病気を疑う症状
食欲が落ちる、苦しそう、機嫌が悪い。
とくに以下の症状はポイントです。
 
1)黄色信号yellow flag
乳幼児以降の便漏れ、排便の我慢、肛門の痛み、肛門の出血、経過が長い(2〜3ヶ月)、トイレが詰まるほどの太い便

2)赤信号red flag
体重が減る・成長障害、繰り返す嘔吐、血便、便秘後の下痢、お腹が張ったり腫瘤が触れる
これらの症状があったら、受診してください。とくに赤信号は要注意です。

●機能性便秘は理由がある
子どもには、便秘になりやすい3つの時期があります。

1)食事の移行期〜乳児期
母乳やミルクが便の成分になる固形物を含まないため、数日から1週間出ないことがあります。
機嫌がよくて哺乳が良好なら、4〜5日くらいまでは受診を待ってもよいです。
また、離乳食が始まってからの便秘は、便が固形物を含んで硬くなるが、まだ排便の筋肉の協調運動が上手にできないのが理由です。
こちらも、器質性の病気を疑う症状がないときは、しばらく受診を待ってよいでしょう。

2)トイレットトレーニングの時期〜乳幼児期
排便のための協調運動がまだ育っていない時期にトレーニングを急ぐと、排便が苦痛になってしまいます。
その結果便が硬く、排便痛を伴うようになって、うんち嫌いの悪循環を起こすことがよくあります。
排便を嫌がったり、止めたり、立ってうんちをするようなら受診してください。

3)学校生活の始まり〜学童期
学校で排便するのが嫌いな子どもは多いです。
学校生活をきっかけに便秘になるお子さんがよくいます。
音や臭いで排便を友達に知られたくないのが理由です。

●機能性便秘も習慣になるのは要注意
機能性便秘でも放置すると、便意を感じにくくなったり、腸が膨らむなどして、慢性便秘となることがよくあります。
1〜2ヶ月続くようなら、受診してください。

●対策と治療

1)バランスのよい食事、適度な運動
食事は、繊維質を多く含んだ食べ物(野菜、海藻など)が有効です。
粉末寒天は手軽でお勧めしています。ご飯と一緒に炊いたり、汁物に入れたりできます。
規則正しい生活、身体を動かすことも大切です。

2)トイレットトレーニングを強いない
嫌がるようなら無理強いしないことがコツです。
しだいに排便の筋肉の協調運動ができるようになるのを待って、成功体験を味わわせるように行ってください。

3)規則正しくトイレに座る
便意があってもなくても、1日1回はトイレに座る習慣をつけてください。
排便時の姿勢も大切です。直立して座るのではなく、少し前かがみになってみましょう。
直腸と肛門の角度がゆるやかになり、便が出やすくなります。
足が床に着かないお子さんは、台座などを使うと安定します。

4)受診と薬物治療
器質性の病気を疑う症状があったり、習慣化しそうになったら、ためらわず受診してください。
薬物治療が数種類選べますので、症状に合わせて使い分けます。

5)心理面の配慮
排便が苦痛にならないよう、叱ったりせずに、うまくいったときには一緒に喜んであげましょう。
いろいろな側面から、ご一緒に考えていきましょう。
posted by kuyama at 09:25| くやま小児科だより・ブログ版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする